読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

市場価値とは期待に応えること 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

仕事をする人は、 プロフェッショナルである必要がある。 プロフェッショナルは、 「自分は市場価値によって収入を得ている」 「市場価値がなければ給料はもらえない」 そういった考えを持っている。 そして、「市場」は変化する。 「市場」とは「お客様の…

初志貫徹の人は意外に結果が出ない 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

年初に目標を設定し行動計画を立てる人がいる。 「今年こそやせる」「今年こそお金をためる」「今年こそ資格をとる」 そのために毎日走る、貯金する、勉強する・・といったものだ。 会社においても来季の目標を設定し、そのための計画が立てられる。 ところ…

チャック空いてますよ、と言ってあげられる人は成長する 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

ある日、一度も話したことのない同僚が前から歩いてきた。 あなたは彼のチャックが空いていることに気づいた。 どうするか? ①言いたくても何も言えず、通り過ぎてしまう ②後ろから近づき、静かに肩をポンポンと叩き、無言で下に目配せする ③同僚だけに聞こ…

あることを付け加えて振り返ると うまくいく 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

目標を達成するためには、PDCAにFを加えるとよい。 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」に書いてある。 これは先日紹介した。 hyakutakenikki.hatenablog.com そしてPDCFAにおける「C」の振り返りには、ポイントがある。 普通の振り返りだと、 事実の確認→…

「やった」と「できた」は違う 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

目標を達成する人は、必ず過去に学んで次に活かす。 しかし、ほとんどの人は「できなかったこと」しか見ていない。 できなかったことを見るのを「反省」という。 次に活かすのに反省だけでは不十分なのである。 自分の行動や考えを「深く振り返ること」を「…

最初のやる気はうそをつく  「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

「最初にやる気がマンマンの人」は目標達成までたどりつかない。 最初に気合が入りすぎると、途中で失速してしまうのだ。 やる気マンマンということは、理想も高い。 その分壁にぶつかると「こんなはずじゃなかったのに」と できないことを認めたくなくてイ…

PDCAがうまくいかない 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

「目標を達成させるためには、PDCAを回せ」とよく言われる。 PDCAは「Plan・Do・Check・Action」の頭文字を並べたものである。 計画して、実行して、検証して、改善するサイクルのことだ。 私も昔の会社でよく言われた。 例えば「TOEICで900点取る」という目…

根性を使わずにダイエットに成功するには 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

目標の達成に根性はいらない。 1回や2回は気合で何とかなるかもしれないが、 常に気合をいれ続けることは中々できない。 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」という本の中では、 目標達成に必要なのは、根性でも才能でもやる気でもなく、 「技術」であると…