百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

自己中な人ほど信頼から 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

囚人のジレンマという 有名な話がある。 2人の囚人が捕まって、 ・ともに自白する ・ともに黙っている ・片方が自白して もう片方が黙っている と、幾つかのパターンができ、 それぞれ刑期が異なるときに どう行動すればいいか、というものだ。 ともに黙って…

ポジティブな結果をイメージするな 「アイディアの力(チップ・ハーンス+ダン・ハース)」

カリフォルニア大学で ある実験が行われた。 生徒を3グループに分けて、 生徒の悩みをカウンセリングする、 というものだ。 Aグループは 普通に指導を受けただけで帰宅し、 1週間後に再び来るように言われた。 Bグループには 自分の悩みがどういう経緯で起…

最大のリスク 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

何かをやるときには リスクはなるべく減らしたほうがよい。 だが、ここで注意したいのは、 場合によっては 「やらないこと」がリスクになることだ。 リスクをとって新しい行動することで 新たな経験が増える。 成功すれば、その成功体験が 勝ちパターンのヒ…

妬みを越えて 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

「三毒」という考え方が仏教にはある。 「三毒」とは、 妬む・怒る・愚痴るの3つだ。 これらを追放することで 煩悩から離れられるという。 著者にとって三毒を追放するとは、 どうしゃったら妬まなくてすむか、 怒らなくてすむか、 愚痴らなくてすむか、を…

日常生活が全て本番 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

著者が読んだ、ある心臓外科医の本の話。 心臓外科の手術は、 ちょっとしたミスも許されない。 だからこそ、 心臓外科医が普段から 心がけていることがある。 たとえば、 食卓で何かを取ろうとしたはずみに、 お茶碗や醤油差しを倒しそうになる、 そんな状況…

成功は復讐する 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

経験を積んだ人ほど、 先入観がでやすい。 特に成功体験がある人は 環境の変化に気づくのが遅れて 新しい動きについていけず 失敗してしまうことがある。 よく「ゼロベースで考えなさい」と言われる。 一旦それまでの経緯が脇に置いて、 客観的な目で見ない…

「我が社はいつもそうやってきた」は何かが間違っている警告 「エスキモーに氷を売る(ジョン・スポールストラ)」

著者がスポーツチームのビジネスで 広告について会社の重役と 話したときのこと。 当日券を買うた客を引き寄せるため、 試合当日の新聞やラジオの広告について 担当者に質問した。 「新聞広告とラジオのスポットで 1ゲームで5000ドルも使っているが、 これ…

トンデモ理論  「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

物事を論理的に考えるのは 大事なことである。 だが、あまりに論理的に考えすぎると、 本来因果関係のないものまで、 経験則を使って無理やり詭弁な判断をし、 論理が有るように当てはめてしまうことがある。 それを「ヒューリスティック」という。 バラス・…

役に立たない念のため 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

80-20の法則という有名な法則がある。 本当の大事な仕事は全体の20%しかなく、 その20%の仕事で利益の80%を稼いでる。 ところが、人はよく 大事でない80%の仕事の方に 力を注いでしまう。 その代表的なのが、 やるかやらないか迷ったときに 「念のため」にし…

できない理由 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

2007年4月に入学した大学生は、 ゆとり第一世代と言われ、 ゆとり教育を小学1年生から受けてきた。 ある会計学の大学教授が著者に言うには、 この世代の学生達が、会計学の授業の後で、 比例のやりかたがわからないので 教えてくれと長蛇の列を作ったという…

マジで 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

著者が講演会を行うとき、 次の2つの宿題を出すという。 ①講演会の内容や感想について 3行でいいからブログに書く。 ブログを持っていない人は、 これを機会に開いてみる。 ②自分の感想と、 検索してみた他の人の感想を比べて、 同意点・相違点を確認する…

どちらかだけでもやればいいのに 「アイディアの力(チップ・ハーンス+ダン・ハース)」

自分が学生で、ある日の夕方、 次のような選択肢に直面したとする。 1 尊敬する作家の講演会に行く。 その作家が講演をするのは今夜だけ。 2 図書館に行って勉強する。 実際に大学生に調査してみると、 勉強を選んだ回答者は21%しかいなかった。 では、選択…

優れた人は「自分はダメだ」という 「考える技術(大前研一)」

世界のマーケットで競争力を持つような 優良企業は、「自己否定」を繰り返すと 著者はいう。 「まだダメだ、まだダメだ」という自己否定で、 常にベストを目指して変革していく。 これがあるからこそ世界で競争できる。 逆に自己否定できない会社は競争に勝…

個性的になるには 「アイディアの力(チップ・ハーンス+ダン・ハース)」

オリジナリティがあり、記憶に焼き付くような 創造的な広告はどのようにできるか。 才能のある人が思いつくような印象があるが、 実はこれには6つの型があって、 この型を身につければ、 誰でも創造的な広告は作れると著者はいう。 それに関してある実験が…

10倍の効果を考える 「考える技術(大前研一)」

2004年にアメリカのタワーレコードが 倒産した引き金は、 iPodとi tune music storeの登場だった。 わざわざ店に足を運ばなくても 世界中どこでもネットで 好きな映像や音楽が買える。 しかも価格も安い。 実際I Podと i tune music storeが登場し、 株価が…

原因と結果が一致しない 「考える技術(大前研一)」

すべてのことには原因があるが、 今の世の中は 原因が同じなら結果も同じとは限らない。 ニュートン力学の場合 原因が同じなら結果も同じになる。 りんごが落ちるときは、 万有引力の法則を用いれば、 どこにどのくらいのスピードで落ちるのか 計算は可能で…

教える弊害 「考える技術(大前研一)」

スウェーデンやノルウェー、 デンマークなどの北欧諸国は、 人口は少ないながらも 国民一人当たりのGDPは世界の上位を占める。 その要因の一つは これらの国の教育現場にある。 まず第一に、 「teach(教える)」という言葉が 禁じられているのだ。 「教える」…

立場より事実に忠実になる 「考える技術(大前研一)」

売上が伸びないのは 製品が悪いのか、 売り方が悪いのか。 それを議論するときに 営業部長は 「製品が悪いから売れない」という。 製造部長は 「売り方が下手だから売れない」という。 この場合、2人も 論理的思考ができていないということだ。 お互いがお…

ポジティブ認識 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

目標達成に専念し、 効率よくそれを実現するためには、 「ポジティブシンキング」だけでは足りない、 と著者はいう。 必要なのは「ポジティブシンキング」を 「ポジティブ認識」に変えることである。 自分は目標を達成するのだ、ということを 心から「認識」…

指揮者のように 「考える技術(大前研一)」

人にプレゼンをするときは、 10時間語れる内容を45分で話すつもりで いたほうがよい。 10時間語れるということは、 それだけ主張の根拠が しっかりしているということだ。 証拠もないのに主張することは ただの思いつきに過ぎない。 45分で語れるということ…

理想のプレゼン 「考える技術(大前研一)」

理想のプレゼンテーションは、 相手の心を動かすものである。 心を動かすためには、 そのステップを踏んだ論理構成が 必要になってくる。 ところが日本の会社で 行われているプレゼンは、 相手の心を動かすような 順番になっていない、 と著者は言う。 なぜ…

仕事の真髄 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

全ての仕事は「客商売」である、と 著者は言う。 自分にとっての「顧客」とは 仕事上の成功の鍵を握る人を指す。 例えば、 上司も自分の大事な顧客である。 上司をどれだけ満足させられるかで、 自分の未来やキャリアは大きく左右される。 上司を満足させる…

2つの魔法の言葉 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

困難を乗り越えるための 2つの魔法の言葉がある。 1つ目は、 「私が間違っていた」だ。 大半の人は、 自分の過ちを認めずに意地をはってしまう。 「私は間違っていない」と言い張っても物事は進展しない。 自分が間違っていたり、 ミスを犯したりしたなら …

「全部頑張る」は間違い 「考える技術(大前研一)」

ある商品について売上が悪いとする。 その理由として 「営業マンに元気がない」 「製品の品質が悪い」 「価格が高い」など、 色々な理由があげられたとする。 最悪なのは、 これらの現象を全て 個別に改善しようとすることだ。 つまり、 営業マンにハッパを…

優先順位をどうつければいいか 「実践するドラッガー 思考編 (佐藤等・上田惇生)」

優先順位で 大事なのは劣後順位である。 やらないことを決めることが 一番重要になる。 やらないことを決めると、 優先するべきことが明確になるのだ。 実行するには勇気がいるが、 優先順位の付け方としては 一番効果的だ。 たとえば、 手がけてはいけない…

目標達成のために最大限力を発揮する方法 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

目標を達成するために 最大限の力を発揮する鍵がある。 「誓約」と「完遂」だ。 まずは目標の達成を「誓う」ことだ。 「誓う」ということは あらゆる弁解を捨てて 目標に集中することになる。 そして 一番大事なことは「完遂」だ。 やるべきことを95%しかや…

誠実 「シュガーマンのマーケティング30の法則 (ジョセフ・シュガーマン)」

「誠実」とは一体何だろうか。 著者は 「誠実」とは 「有言実行」のことだと言う。 言ったことを守る。 約束を守る。 良いサービスを提供すると言えば、 良いサービスを実際に提供する。 有言実行している人は 誠実だと言えるのではないか。 銀行強盗が 「金…

習慣を変えるには 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

誰にでも悪い癖はある。 ジャンクフードを食べたり、 役に立たないウェブサイトを見たり、 考えても仕方のないことを心配したりする。 こうした悪い習慣は 変えようと思っても中々変えられない。 習慣を変えるにはどうすればいいだろうか。 悪い習慣を変える…

自由を得る方法 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

プラス思考になりたいのに、 マイナス思考にどうしても囚われてしまう。 そんなときはどうすればいいのだろうか。 マイナス感情を撥ねつけるには、 自分の置かれた境遇の責任を すべて引き受けなければならない、と 著者はいう。 「私のせいじゃない!」と …

仕事は自己実現の場ではない 「雑菌主義宣言!(斎藤 孝)」

漫画家のしりあがり寿氏は、 NHKの「トップランナー」で 自分が仕事のオファーを断れない理由を述べていた。 「この仕事がもしかしたら 自分の思ってもみなかった可能性を 拓いてくれるかもしれないと思うと、 そのチャンスを逃してしまうのが惜しい気がして…

無料の成功は 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

石油王H・L・ハントは、 成功の秘訣について尋ねられたとき 「成功には2つのことが必要だ。 言い換えれば2つのことしか必要ない」 と言ったそうだ。 1番目は、 自分が何を望んでいるかを明確にすること。 ほとんどの人は、漠然と望んでいるが、 明確に具…

安全第一という先送り 「ビジネスに活かすギャンブルの鉄則 (谷岡一郎)」

日本人のいけないところは、 どうしようもないギリギリまで 決断を先送りすることだ。 もっと早く勝負しておけば 勝つチャンスが高かったものを、 目先のリスクを避け、 結論を先送りしようとする。 その結果、かなり不利な 「一か八かの起死回生に賭けるし…

言葉のプラシーボ 「雑菌主義宣言!(斎藤 孝)」

かつて松下幸之助は社員の採用試験で、 「あなたは運がいい人間だと思いますか」 と尋ねたそうだ。 そして、「あまり運が良くない」 と答えた人は採らなかった。 自分は運がいいから 頑張ればなんとかなるだろう、 と思っている楽観的な人間じゃないと 大き…

大雑把 「雑菌主義宣言!(斎藤 孝)」

「大雑把」という言葉は ネガティブな印象があるかもしれない。 しかし、これは字の通り 「大」きく「雑」に「把」む、ということで 大づかみに把握する力を指す。 仕事においては、 とりあえず本筋を見定めて、 大づかみにポイントを抑える力は重要である。…

すごいことをしてはいけない 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

変化を起こそうとするとき、 我々は派手な目標を掲げがちだ。 しかし、 最初からすごいことをしようとすると、 途中でくじけてしまう。 心理学の研究によると、 人間のモチベーションに最も効果的なのは 「前に進んでいる」という感覚である。 小さくても前…

一貫性に支配されている 「影響力の武器(ロバート・D・チャルディーニ)」

人は自分の行動に一貫性を 保とうとする傾向にある。 行動に一貫性がない人は 社会でうまくやっていけないため、 特に他人には 一貫性があるように見られたい。 それは本能的なものである。 だからこそ 他人に公言したことは 固執しようとする。 たとえば、 …

ガツガツするな 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

相手が迷っているとき、 その場で決断を急かさないほうがいい。 「迷わないで決めてください」と言うのは 余裕のない態度である。 相手が迷っているときに 「たっぷり迷ってください」 「決まったらいつでも言ってください」 と言うほうが説得力が強まる。 …

限界などないのか 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

現代は仕事とプライベートの 線引きが難しい時代である。 ネットやLINEで いつでもどこでも仕事ができるし 連絡もとれる。 休日に仕事の対応を迫られることも 珍しいことではない。 もっと言えば、仕事は一方的に プライベートを侵食しようとする。 もしも月…

多分大丈夫だろう 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

自動車に乗っているとする。 もしも車間距離をとらずに、 ひたすら全速力で目的地に向かったら どういう事態になるだろうか。 まわりの車はどんな動きをするか 予測できないし、 信号はいつも青とは限らない。 前の車が急ブレーキをかけるかもしれない。 ぶ…

上位10%にだけYESを 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

著者が特別授業の参加者を 選抜したとき、 24人の枠に、100人以上の 学生が応募してきた。 そこで 「毎回休まず出席できる」 「人生を変える覚悟ができている」など 基準を決めて選抜していった。 その際に著者は 「90点ルール」で生徒を決めた。 「悪くない…

中途半端をやめる 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

1972年にタイムスリップして アメリカの主要銘柄500の全社に 1ドルずつ投資したとする。 その後の30年間で最も多く 収益をもたらすのはどの銘柄か。 金融情報誌「マネー」によると、 答えは格安航空会社の サウスウェスト航空だそうだ。 利益を出すのが難し…

本番で頑張ってもしょうがない 「不器用な人ほど成功する (中谷彰宏)」

本番の時に「がんばれ」という人がいる。 これは意味が無いと著者はいう。 本番になったら頑張らなくてもいいからだ。 何ヶ月も何年も頑張ってきて、 今更1日頑張ってもうまくはならない。 本当に頑張るべきは 本番になる前までである。 本番になったら、 今…

選ぶことを選ぶ 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

犬を使った実験で、 「学習性無力感」という 有名な実験がある。 犬を3つのグループに分ける。 最初のグループは つながれた状態で 電気ショックを与えられる。 ただし、 あるパネルを踏むと 電気ショックが止まる。 2つめのグループも同様に 電気ショックが…

人に話せることが「わかった」ということ 「頭がよくなる魔法の速習法(園 善博)」

本を読み、その内容を理解する。 その最も効果的な方法は、 「人に内容を話す」ことである。 はじめから「人に話す」ことを 意識して本を読めば、 「本を読んだけど頭に何も残らない」 といった事態を防ぐことができる。 人に話すことを前提にすると、 自然…

市場価値とは期待に応えること 「絶対に達成する技術 (永谷研一)」

仕事をする人は、 プロフェッショナルである必要がある。 プロフェッショナルは、 「自分は市場価値によって収入を得ている」 「市場価値がなければ給料はもらえない」 そういった考えを持っている。 そして、「市場」は変化する。 「市場」とは「お客様の…

脳は面白い毎日に反応する 「海馬―脳は疲れない(池谷 裕二 , 糸井 重里)」

脳において記憶を司る海馬。 海馬は刺激を与えると発達する。 海馬が発達することで、 物事の処理能力が増すという。 タクシードライバーの海馬を ある女性の研究者が調べたことがある。 タクシードライバーとそうじゃない人との 海馬を比べると、 タクシー…

より少なく、より良く 「エッセンシャル思考(グレッグ・マキューン)」

世の中には、 ありとあらゆるチャンスがある。 しかし、 本当に重要なことは めったにない。 あれもこれも完璧にしようと 欲張っていては何も手に入らない。 大切なことは、 より多くのことをやり遂げることではない。 少ない大事なことをやり遂げることであ…

人を動かす達人技 「人を動かす(D・カーネギー)」

友達を作る達人がいる。 我々を見つけると尾を振り始める。 なでてやると、夢中になって好意を示す。 何か高額のものを売りつけようとか、 結婚してもらおうとかいう下心はない。 働いてるわけでもないのに 人気者であるもの、 つまり犬のことだ。 犬は心理…

釣り針に自分の好物をつけるな 「人を動かす(D・カーネギー)」

イチゴミルクが好きな人が釣りをする。 彼は釣り針にイチゴミルクをつけるだろうか。 おそらくつけないだろう。 釣り針には魚の好物をつける。 釣りをするときに、 自分の好物のことを考える必要はない。 考えないといけないのは、 魚の好物である。 我々は…

効果的な循環 「頭がよくなる魔法の速習法(園 善博)」

「形式知」とは、 本を読んだり、人から聞いたりして 得た知識のこと。 「経験値」とは、 実際にやってみて、 その結果得られた知識のことである。 たとえば、子どもがテレビゲームをするとき、 説明書を読まずにとりあえずやりはじめる。 これは「経験知」…